アイモール三好の改装は中止?増床・増築計画について調べてみた

前々から増床・増築が噂されているアイモール三好(イオン三好)ですが、区画整理が影響しているのか、いっこうに増床されません。

計画中止になった?

ということで調べてみました。

具体的な計画案などがあるのか、詳細もチェックしていきたいと思います。

▼目次

  1. アイモール三好(イオン三好店)が改装・増床するワケ
  2. アイモール三好(イオン三好店)の増床・増築計画は中止?
  3. アイモール三好(イオン三好店)の増床・増築計画|まとめ

アイモール三好(イオン三好店)が改装・増床するワケ

まず増床する理由についてみていきます。

アイ・モール三好は2000年に開業。

4階立ての建物で延床面積は約74,500㎡。

第三セクターによって施設管理されています。

アイ・モール三好が増床する理由

増改築の背景には、近隣の自治体で大規模な商業施設の出店が相次いだことが原因となっています。

  • イオンモール長久手(2016年開業)
  • プライムツリー赤池(2017年開業)
  • ららぽーと東郷(今後開業予定)

などの商業施設が出店及び出店計画があります。

どうやら他店との競合や施設の老朽化を考えると・・・

改装増床せざるを得ない。

といった状況のようですね。

要は、お客さんが遠のいてしまうから増築する。

といった感じですが、

追い風になっているのが、みよし市が行う容積率の緩和。

そして北側で行われている区画整理によって、アイモール三好周辺に家が増える予定なので、アイモール三好の増改築に対する期待感は強そうです。

▲目次にもどる

アイモール三好(イオン三好店)の増床・増築計画は中止?

アイ・モール三好の増床計画を調べているとこんな項目を見つけました。

【アイ・モール三好】の増床計画

専門店数70店→270店

駐車場台数→1,800台増

といった計画のようですね。

当初2015年頃には増床される予定だったような記事もみつかりますが・・・

詳細はわかりませんでした。

・・・(すいません)

ここからは推測になりますが、

前項でお話しした通りアイ・モール三好のイオン以外の部分はみよし市が主要株主となっている『三好商業振興株式会社』が設置と運営を行っています。

なので、専門店を増やす場合や増改築のタイミングなどは市の意向になると思うので、イオンはあまり関係ないのかもしれません。

区画整理がひと段落してからの増床・改築に期待できそうです。

また、情報が入り次第更新していきます。

▲目次にもどる

アイモール三好(イオン三好店)の増床・増築計画|まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はアイモール三好の増築計画についてご紹介しました。

アイモール三好もできた当初はかなり新しさがありましたが、その後モール形式の商業施設ができ、今となってはかなり年代を感じるモールとなってきました。

増床計画によって、また楽しげな施設になると面白そうですね。

また情報が入り次第追記していきたいと思います。

▲目次にもどる

あわせて読みたい:

【ららぽーと東郷】いつオープン?計画中止の噂やテナント情報は?

東郷町のセントラル開発の目玉としてららぽーと東郷(三井不動産)がオープン!という話に随分前からなっていますが、2018年度の開業は難しそう!未だに『いつオープン?』『計画中止?』などと囁かれていますが、2019年?2020年?一体オープン時期はいつなの?テナントや場所などの情報もあわせて噂の真相をチェック!

プライムツリー赤池『フードコート』の飲食店まとめ【永久保存版】

2017年11月24日(金)にオープンしたプライムツリー赤池。俗にいう『フードコート』にあたる『フードラウンジ』は週末には生演奏を聞きながら食事も楽しめる!愛知県初出店の6店舗を含む計10店舗が出店。日中はファミリーで、夜は大人の空間を演出。ステージ併設で週末は生演奏も!出店テナントまとめ。

プライムツリー赤池『レストランヒルズ』飲食店まとめ【永久保存版】

2017年11月24日(金)にオープンしたプライムツリー赤池!上質な専門店が多数出店。こだわり空間で食事ができる『レストランヒルズ』出店飲食店を完全網羅!愛知県初の5店舗を含む実力派飲食店舗が計13店舗出店!注目のテナントをチェック!
スポンサーリンク