阿弥陀ヶ滝荘の流しそうめんが美味い!営業期間は?駐車場やアクセスも

岐阜県郡上市にある阿弥陀ヶ滝は200年前には葛飾北斎も訪れ、諸国滝廻りで描いています。

今回はそんな日本の滝100選にも選ばれている

阿弥陀ヶ滝と元祖流しそうめん

を味わって来ました。

気になる営業期間や場所やアクセスもチェック。

クロ
こんにちは、クロです。マイナスイオン満載の阿弥陀ヶ滝は避暑地としてオススメだよ。

▼目次

  1. 【岐阜県郡上市】葛飾北斎も描いた阿弥陀ヶ滝へ
  2. 阿弥陀ヶ滝荘の流しそうめんが美味い!営業期間は?
  3. 阿弥陀ヶ滝へのアクセス・駐車場
  4. 阿弥陀ヶ滝荘の流しそうめん|まとめ

【岐阜県郡上市】葛飾北斎も描いた阿弥陀ヶ滝へ

岐阜県郡上市にある阿弥陀ヶ滝は落差60mの滝で日本の滝百選にも選ばれています。

戦国時代に

阿弥陀如来が現れた

という逸話が残って、岐阜県名水50選にもなっている阿弥陀ヶ滝の水は透明度が高い。

この日はあいにくの雨でしたが、たくさんの人が訪れていました。

車を停めてから、滝の方へ歩いて行くとまず見えてくるのがこちらのカフェ。

今回はスルーしましたが、気になるお店ですね。

阿弥陀ヶ滝までのルート

滝壺までは歩いて行くのですが、川の両側に遊歩道が続いています。

左側から行くと、流しそうめんが食べれる阿弥陀ヶ滝荘

があります。

滝へ行くのはどちらからでもいいですが、先にそうめんを食べるなら左側側から、先に滝へ行くなら右側から行くのがいいのではないかと思います。

右側→滝→左側→流しそうめん

左側→流しそうめん→滝→右側で帰る

※別に流しそうめんを必ず食べる必要はないですが、美味しいのでおススメです。

道のりは、左側の方がちょっと険しい気がするので、行きは右側を通るのがおススメです。

しばらく歩いて滝壺に到着すると、上の方から落ちてくる

圧巻の

を見ることができます。

クロ
運動靴など歩ける格好は必須だよ。

ここまで近くに来ると、

滝の迫力がすごいですね。

霧状のミストがバンバン飛んで来るので、タオルなども持って行くといいですね。

滝壺のところでは軽い水遊びもできそうです。

いや〜

マイナスイオンたっぷり

で癒されますね。

▲目次にもどる

阿弥陀ヶ滝荘の流しそうめんが美味い!営業期間は?

さて、滝も堪能したら流しそうめんを頂きに阿弥陀ヶ滝荘へ。

お盆期間という事もあり、かなり混雑していました。

阿弥陀ヶ滝荘のメニュー

こちらは、阿弥陀ヶ滝荘のメニューです。

※クリックすると拡大します。

支払いを済ますと番号札を渡されるので、呼ばれるまで待ちます。

今回は

流しそうめんと岩魚のセット、炭火焼きだんご

を注文しました。

団子は、札を持って行くとくれるのでもらって来ました。

早速いただきます。

パクッと、一口食べると・・・

この団子、めちゃ美味しい

味は五平餅のような味噌味で、

モチモチのお柔らかい餅

となっています。

意外にボリュームがたっぷりで、結構お腹は満たされます。

そして待つと、流しそうめんに呼ばれました。

席に座ると、岩魚も到着しました。

流しそうめんは、石でできた流しそうめん場に店員さんがそうめんを流してくれます。

綺麗な名水で冷えたそうめんが

クルクルと流れて行きます。

早速一口食べると・・・

クロ
うまっ

つゆが美味いー!

阿弥陀ヶ滝の名水で冷やされたこのそうめんも美味しいです。

たかがそうめんですが、家で食べるそうめんとはひと味もふた味も違います。

しかも、食べ放題

調子に乗って食べ過ぎてしまいました。

つゆのお代わりが有料みたいなので、なるべく水をきりながら食べるのがおススメです。

阿弥陀ヶ滝荘の営業期間

阿弥陀ヶ滝の流しそうめんは暖かい期間しか行われていません。

 営業期間   5月〜10月(※5月、6月、10月は不定休) 
 営業時間   10:00〜17:00(L.O.16:30)

となっています。

▲目次にもどる

阿弥陀ヶ滝へのアクセス・駐車場

阿弥陀ヶ滝までのアクセスと、駐車場情報をチェックしていきます。

阿弥陀ヶ滝までのアクセス

 住所   岐阜県郡上市白鳥町前谷1106−1-2
 アクセス 

【車で行く場合】

 東海北陸自動車道『高鷲IC』より約19分。 

【電車で行く場合】

 長良川鉄道『美濃白鳥駅』から白鳥交通バス石徹白線 

 『阿弥陀ヶ滝』で下車。

 その後徒歩約20分。

阿弥陀ヶ滝の駐車場

阿弥陀ヶ滝には

約10台ほどの無料駐車場

があります。

この駐車場が阿弥陀ヶ滝に一番近い駐車場で、車で行ける限界の場所となっていて、トイレもあります。

行楽シーズンには、

すぐに駐車場は満車

となってしましますので、民間の駐車場に停めるのも仕方なしです。

もう少し下の『滝茶屋』という所が民間の駐車場を運営しています。

ちなみに僕もここを利用しました。

料金は500円

でした。

他にも臨時駐車場もあるみたいですが、20分程度歩かなければなりません。

▲目次にもどる

阿弥陀ヶ滝荘の流しそうめん|まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は阿弥陀ヶ滝と流しそうめんをご紹介しました。

阿弥陀ヶ滝の名水で食べる流しそうめんは格別でした。

1番近い駐車場はすぐいっぱいになってしまいますし、阿弥陀ヶ滝荘もお昼時には混雑しますので、早い時間から出かけて行くのがおススメです。

マイナスイオンを身体中に浴びながら、滝を見たのんび〜りするのもいいですね。

クロ
日頃の雑念が入った心が浄化されるね。

▲目次にもどる

あわせて読みたい:

動物とのふれあい体験満載【牧歌の里】へ行ってきた!入場料の割引も

岐阜県郡上市にある【ひるがの高原牧歌の里】。動物とのふれあい体験や手作り体験など体験施設が充実しています。さらにリアル宝探しゲームや温泉・季節の花に温泉・バーベキューと1日楽しめちゃう施設です。気になる入場料や割引などもチェックしていきます。

GW穴場【岐阜県】知らない人は損してるなあと思うスポットまとめ

知らないと損してる?GW(ゴールデンウィーク)に出かけたい岐阜県の穴場スポット特集。人混みが苦手だったり、混雑している場所を避けたい人必見。
スポンサーリンク