夏におすすめな【東海地方】のアクティビティ6選!子供も大人も楽しめる

夏休みにどこへ行くか、予定は決まっていますか?

今回は、夏だからこそ楽しめるアクティビティ6選をご紹介していきます!

1年間で一番長い休みのある夏だからこそ、外に出てアウトドアレジャーを満喫してみてはいかがでしょうか。

子供も大人も楽しめるアクティビティがいっぱい。

クロ
夏こそアクティビティを楽しみたいよね!

▼目次

  1. 1.ラフティング
  2. 2.SUP(スタンドアップパドルサーフィン)
  3. 3.キャニオニング
  4. 4.ケイビング
  5. 5.ウォーターボール/アクアボール
  6. 6.シュノーケリング
  7. 東海地方の夏におすすめなアクティビティ|まとめ

1.ラフティング

ゴムでできたボートに5、6人ほど乗り込み、川を下るアクティビティです。

ラフティングは泳げなくても楽しめる

川でのレジャーではカヌーも有名ですが、カヌーと違ってラフティングは流れの早い所で行います。

急流に乗って川を下り、コースによっては途中で川に飛び込んだり、ボートをたてて、バイクのウィリーのような状態にしてみたりと様々なコースがあるのが特徴です。

ライフジャケットを着けるので、泳げなくても楽しめることがポイントです。

また、子供でも楽しむことができます。

東海で人気のラフティングはこちら。

【静岡県】シャイニングフィールド

▲目次にもどる

2.SUP(スタンドアップパドルサーフィン)

SUP(サップ)とはスタンドアップパドルサーフィン(Stand Up Paddle Surfing)のことで、

スタンドアップパドルボード(Stand Up Paddleboard)

というボードを使い、

ボードの上に立ち、海の水面を進む

というアクティビティです。

サップでのんびり水面散歩

進むときに使うパドルは1本だけなので、体幹やバランス感覚が鍛えられます。

立って行うものなのでこのアクティビティも泳げなくても参加できます。

ライフジャケットを着けられることもあるので、泳げなくても安心ですね。

東海で人気のSUPはこちら。

【愛知県】SUP SHOP 海楽

▲目次にもどる

3.キャニオニング

ウェットスーツを着用し、ヘルメットを着けて行うキャニオニングは、

  • 水の流れに沿って渓谷を下ったり
  • 滝つぼに飛び込んだり

川を楽しむアウトドアレジャーです。

夏と川は最高のコンビネーション

ラフティングはボートに乗りますが、キャニオニングは

自分の力で川の流れや自然を楽しむもの

なので、また違った楽しみ方ができます。

なかなか行かない山の奥まで行き、自然を楽しめるアクティビティとして人気があります。

東海地方で人気のキャニオニングはこちら。

【岐阜県】マウンテンライフ飛騨

▲目次にもどる

4.ケイビング

ケイビングとは、

舗装されていない洞窟を探検する

というアクティビティです。

大自然を舞台にしたド迫力のアクディビティ

洞窟の中は照明もなく、ヘッドライト明かりだけを頼りに進みます。

洞窟の中はひんやりとしており、大抵水も流れているので暑い夏にピッタリ。

ガイドについて匍匐前進したり、綱を使って壁を上ったりと、映画のような冒険気分を味わえます。

このアクティビティは洞窟の中で行うものですので、日やけを気にする必要がありません

女性はアウトドアレジャーにおいては日焼け止めを何度も塗ったり、ラッシュガードを着て帽子やサングラスをしたりと日焼け対策が大変ですよね。

ケイビングなら日焼けの心配はありませんので、その点で女性にもおすすめなアウトドアレジャーの一つです。

東海地方で人気のケイビングはこちら。

【岐阜県】トリッパー

▲目次にもどる

5.ウォーターボール/アクアボール

透明なボールの中に入り、海や川などの水面を進むアクティビティです。

海はもちろん全国各地のレジャー施設などでも取り入れられています。

子供も楽しめる!水の浮遊感

最大の特徴は水に濡れないことです。

水上で行いますがボールの中で行いますので水に濡れることなく楽しめます。

水の冷たさはボールを通して感じられますので、海や川の水面で

転がる歩く

という不思議な体験ができます。

一人で入るものや二人で入るものなど様々な形があり、子供と一緒に家族で楽しむこともでき、子供から大人まで楽しめるアクティビティです。

東海地方で人気のウォーターボールはこちら。

【三重県】志摩自然学校

▲目次にもどる

6.シュノーケリング

シュノーケリングは浅瀬の水中を泳ぐアクティビティで、潜水するスキューバダイビングとは大きく違います。

6歳からOK!泳ぎが苦手でも安心

スキューバダイビングは資格が必要ですが、シュノーケリングであれば資格は必要ありませんので、誰でも楽しめるのが特徴です。

全国各地で行われているので、手軽に体験できます。

日本でもイルカマンボウと泳げるシュノーケリングを体験できる場所もありますので、海の生き物としっかり触れ合えるシュノーケリングもおすすめです。

東海地方で人気のシュノーケリングはこちら。

【静岡県】熱海マリンスポーツクラブ

▲目次にもどる

東海地方の夏におすすめなアクティビティ|まとめ

いかがだったでしょうか?

夏におすすめなアウトドアレジャーをご紹介しました。

どれも楽しそうで、ワクワクしますね。

暑い夏だからこそ楽しめるアクティビティはたくさんありますので、ぜひ体験してみてください。

▲目次にもどる

あわせて読みたい:

東海地方の大型レジャープール3選!大人も楽しいカップルのプールデートにも

東海地方(愛知・岐阜・三重・静岡)の中でも超有名な大型レジャープールばかりを集めてみました。子供はもちろんのこと、大人も楽しい!カップルのプールデートにも最適なスポットとなっています。

【東海地方】おすすめレジャープール【ランキング】まとめ

東海地方(愛知県・岐阜県・三重県・静岡県)のおすすめレジャープールランキングをまとめ。流水プールやウォータースライダーなど子供が遊べるレジャー要素のあるプールを中心にまとめました。その他にも水遊び用おむつの可否や営業時間・定休日・開催期間などをまとめています。

東海地方【水遊び用おむつ】が利用可能なプールまとめ

東海地方(愛知県・岐阜県・三重県・静岡県)でプール用オムツで利用可能なスポットのまとめです。おむつが取れていない子は入れないような規制をかけている場所も多い中、小さい子でも水遊び用おむつを履けば利用できる施設をまとめました。
スポンサーリンク