【豊川市】国府夏祭りの手筒花火は400年の歴史あり!アクセスや駐車場は?

毎年7月~8月、愛知県豊川市では

『あいちけんとよかわの夏祭り』

と称して10ヶ所で夏祭りが開催されます。

今回は名鉄本線沿いで開催される

『国府夏祭り』

について紹介していきます。

開催日やアクセス、駐車場などの基本情報と見所もご紹介していきます。

▼目次

  1. 国府夏祭りとは?国府町の歴史
  2. 国府夏祭りはいつ開催日で何時から何時まで?
  3. 国府夏祭りへのアクセス・駐車場は?
  4. 【豊川市】国府夏祭り|まとめ

国府夏祭りとは?国府町の歴史

国府町は、昭和18年6月1日、宝飯郡豊川町、牛久保町、八幡村、国府町が合併し、豊川市となりました。

毎年2月11日に開催される「国府(こう)の市」は9:00~16:00迄開催し陶器市、植木市、露店が出て賑わっています。

また、名鉄名古屋本線・豊川線「国府駅」は特急電車も停車し、市民の大切な足となっています。

国府夏祭りは東三河三大夏祭りの一つ

「国府夏祭り」とは、東三河三大夏祭りの一つとされています。

およそ400年前の江戸時代初期

獅子舞を伴った、神輿の巡幸による雨乞いの祭礼として始まったとされます。

国府大社神社の祭礼で、地元の4町内(上町・中町・下町・南田)がそれぞれ山車をひきます。

国府夏祭りで人気なのは、華やかな「歌舞伎行列」になります。

「歌舞伎行列」は、鮮やかな陣取り、

  • 「石川五右衛門」
  • 「日浪五人男」
  • 「おかる勘平」
  • 「弁慶」

などに扮して、町の青年達が絢欄豪華な衣装に身を包んで歩く姿は見ものです。

夜は、手筒煙火・大筒煙火・仕掛け花火などが奉納される盛大な夏祭りです。

▲目次にもどる

国府夏祭りはいつ開催日で何時から何時まで?

続いて、開催日や時間などの基本情報をチェックしていきましょう。

【国府夏祭り】の開催日

国府夏祭りは、

毎年7月最終の曜日・土曜日・日曜日

に開催されます。

※小雨決行

令和元年の場合は、7月26日(金)・7月27日(土)・7月28日(日)

開催時間は何時から何時まで?

  • 金曜日…20:30~ 安全祈願祭
  • 土曜日…19:00~21:30 手筒奉納
  • 日曜日…19:30~21:00 煙火奉納

午前中・夕方からは式典や街中を歩きます。

開催場所:

土曜日…大社神社

日曜日…音羽川河畔・岡本橋・豊成橋

住所:

愛知県豊川市国府町流霞5(大社神社)

 午前中開催される山車や衣装を見ていくのも良いですし、夕方開催されるので電車でふらっと来て手筒花火を見るのも良いですね。

国府駅は特急が停車するのでゆっくりお祭りを楽しむ事が出来ますよ。

▲目次にもどる

国府夏祭りへのアクセス・駐車場は?

続いてアクセスや駐車場についてチェックしていきます。

国府夏祭りへのアクセス

(電車でのアクセス)

 名鉄名古屋本線「国府駅」下車、徒歩約10分

  • 豊橋方面からお越しの場合 

名鉄名古屋本線「豊橋駅」乗車―名鉄岐阜行き特急約8分→「国府駅」下車

電車賃290円

  • 名古屋方面からお越しの場合

 名鉄名古屋本線「名鉄名古屋駅」乗車-豊橋行特急約45分→「国府駅」下車御油駅」下車 電車賃980円、特急指定席利用1,340円

  • 新城方面からお越しの場合

 JR飯田線「新城駅」乗車-豊橋行約30分→JR飯田線「豊川駅」下車、-乗換え-名鉄豊川線「豊川稲荷駅」乗車-国府行約11分→「国府駅」下車 電車賃540円

(バスでのアクセス)

 豊川国府線・音羽線・御油線・ごゆりんばす「国府町」バス停下車、徒歩約5分

(車でのアクセス)

 東名高速道路「音羽蒲郡IC」より約10分、国道1号線豊橋方面へ向かう

国府夏祭りの駐車場

神社内に駐車場はありませんので、

国府駅周辺のコインパーキング

に停めることをお勧めします。

  • 名鉄協商国府
 国府駅隣接、146台設置、24時間営業、60分150円、最大料金24時間1,000円

屋根付駐車場なので雨の時は車が濡れません。

また、駐車場台数が多く国府駅直結なので急いで電車利用する時に助かります。

  • リバーク名鉄国府駅前
 国府駅徒歩30秒、7台設置、24時間営業、60分100円、最大料金24時間以内700円、1~3番利用のみ入庫後24時間以内600円

駐車場台数が少ないですが、駐車料金は安いです。

国府駅市街地に行く時に便利です。

▲目次にもどる

【豊川市】国府夏祭り|まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は豊川市で開催される【国府夏祭り】についてご紹介しました。

以前訪れた時は、国府駅から近く、初日に豊川名物の手筒煙火と大筒煙火の奉納に多くのお客様が鑑賞されていました。

2日目は色鮮やかな打ち上げ花火と仕掛け花火が国府の夜空を彩り、会場から離れた場所からも見る事が出来ました。

屋台も数店出ていますし、近くにコンビニエンスストアがありますし、ドンキが営業していますので購入していくのも良いでしょう。

▲目次にもどる

あわせて読みたい:

【豊川市の花火】御油夏まつりの煙火が圧巻!愛知県花火の穴場スポット

愛知県豊川市御油町の御油神社で行われる【御油夏まつり】をご存知でしょうか?打ち上げ花火は少し距離がありますが、音羽川の河川敷であげる花火は、間近で上がるので圧巻!今回は開催日や駐車場などといった基本情報から、おすすめの周辺もご紹介していきます。

豊川夏まつり【進雄神社】の手筒花火が凄い!いつ開催で何時から何時まで?

愛知県豊川市で毎年行われる夏祭り【豊川夏まつり】をご存知でしょうか?御朱印巡りでも有名な【豊川進雄神社】で行われています。今回は【豊川夏まつり】の開催情報や駐車場、アクセスなどをご紹介します。あわせてお勧めのホテルなどもチェックしていきます。

【豊橋祇園祭】手筒花火の迫力と感動を!いつ開催で何時から何時まで?

東三河の夏の風物詩【豊橋祇園祭】をご存知でしょうか?手筒花火が有名なので知っている方も多いかと思います。今回は、そんな祇園祭の開催情報や駐車場情報、周辺宿泊施設の情報をお届けします!
スポンサーリンク