【味仙】青菜炒めのレシピを追求!あの味を再現するには?

前回に引き続き【名古屋の味】味仙の味を追求していきます!

 

前回の記事はこちら↓

【味仙】手羽先煮のレシピを追求!たれ不使用で味を再現するには?

https://rickyiyoda.net/post-905

 

味仙の青菜炒めが美味しい!

青菜炒め

 

コーミから発売の『味仙青菜炒めの素(たれ)』がありますが、いまいち物足りない為、アレンジレシピ(再現レシピ)を『味仙青菜炒めの素(たれ)』を元に考えてみました!

 

 

▼目次

  1. コーミ【台湾料理味仙】本店監修|青菜炒めの素
  2. 【味仙】青菜炒めの素(たれ)の裏面を見てみると
  3. 【味仙】青菜炒めの再現レシピをつくるなら

コーミ【台湾料理味仙】本店監修|青菜炒めの素

味仙でも人気の

青菜炒め

 

そんな青菜炒めが家庭でも手軽に味わえるらしい。

コーミから発売されている。

 

コーミ【味仙】青菜炒めのタレはおいしい?

ジャジャーン!!

 

【青菜炒め】です。

 

今回も家庭で味仙の味が食べれるという『コーミ』さんから発売されている
味仙の青菜炒めの素を紐解いていきたいと思います。

 

表紙にはこう書いてあります。

 

『味仙で人気の青菜炒めをご家庭で手軽に味わえます』

 

 

お店にいくと・・・

青菜が本当はあんまり得意じゃない僕もよく頼みます。

 

 

味仙の青菜炒め

本当に美味しいんです。

 

前回同様

コーミさんの素で

 

 

一度は青菜炒めを作ってみましたが・・・

 

 

 

足りない!

 

毒々しさが足りない(笑)

 

 

 

今池本店で食べる味仙

もっとヤバイんです!

 

 

青菜炒めはたぶん青菜から水分が出るため

食べ終わるとスープのようなものが残るんですが

 

それを
スプーンで飲んでみたことがあります。

 

 

本当に塩辛い

 

 

でもおいしいんですけどね・・・ε-(´∀`; )(笑)

 

 

あとやっぱりにんにくが強烈ですね!

 

 

【青菜炒め】自体オリジナルで
僕も何度か作ったことがあるのですが、

 

 

炒め過ぎてしまったり・・・

 

 

味がぼやけてしまったり

 

 

となかなかうまくいきませんでした。

 

【味仙】青菜炒めのレシピのポイントはこれだと思う

 

何回か作った結果

味については、たぶん

 

【乳化】

 

がポイントなんじゃないかと思うんです。

 

 

うまく乳化すると出汁が効いているような深く

濃い味になります。

 

 

ですが炒め過ぎてしまうと

どんどん

水っぽくなってしまう・・・

 

ここが難しいんです。

 

 

一度調味料の配合から見直すこととし、
コーミさんの青菜炒めの素
を参考に考察していきます。

 

 

【味仙】青菜炒めの素(たれ)の裏面を見てみると

 

【味仙】青菜炒めのアレンジレシピ|味付け(調味料)を考えてみる

まずは、

『水あめ』

 

ウィキペディアで調べてみると

水あめとは、でんぷんを酸や糖化酵素酵素で糖化して
作られた粘液状の甘味料。

とあります。

 

 

これは普通に水あめとして売られているものを
使うと考えていいでしょうが

 

 

本場今池本店の【青菜炒め】に水あめが使われているとは
考えづらいため、参考にレシピを作るとしたら

 

 

『水あめ』=なし

と考えます。

 

 

 

『乾燥にんにく』

にんにく

これは普通に

 

 

『乾燥にんにく』=にんにく

で考えていいでしょう。

 

 

お店で食べるとわかりますが、
すんごいにんにく!

 

って感じ。

 

 

『食塩』

これも普通に

『食塩』=食塩

とします。

 

 

『丸鶏エキス』

 

こちらも普通に

『丸鶏エキス』=鶏ガラスープ

と考えてよさそうです。

 

 

『調味料(アミノ酸)』

これは前回の記事でも書きましたが、

『調味料(アミノ酸)』=味の素

ですね。

 

手羽先の時は
『調味料(アミノ酸等)』
でした!

 

 

『増粘剤(加工でん粉)』

増粘剤
よく食品表示などで書かれていますね〜

 

 

増粘剤って体に悪そうなイメージですけど

あまり知識がなかったので

 

 

少し調べると・・・

 

 

増粘剤はソースやたれなどコンビニのお弁当などにもよく使われているそうで

目的としては文字の通り

液体の粘性を高める為に使われるそう。

 

 

医療では目薬や噛む力が弱った人の
補助食品のとろみ剤として使われているのだとか。

 

 

増粘剤としてでんぷん粉が使用されるのですが、

 

その中でも加工でんぷんとは

原料精製したでんぷんではなく

  • 化学修飾
  • 架橋処理

したものをいうそうです。

 

 

勝手なイメージですが
なんだか体に悪そうですね・・・

未だにその安全性に関する情報は不足しているそう。

 

 

今回は粘性が高まればいいということで

『増粘剤(加工でん粉)』=片栗粉

として考えてみます!

 

 

【味仙】青菜炒めの再現レシピをつくるなら

【味仙】青菜炒めの再現レシピをつくるなら

  • にんにく
  • 鶏ガラスープ
  • 味の素
  • 片栗粉

 

これらで再現してみることとします。

 

 

あとは調味料の配合と手順と火加減。

 

 

悩みますね〜ε-(´∀`; )

 

 

青菜はほうれん草か小松菜と書いてありますが、小松菜を使うこととして・・・

 

 

また作ったらアップしますね♪

 

※追記:2018/02/07

【名古屋今池本店】味仙の人気メニュー『青菜炒め』を作ってみた!再現レシピ

https://rickyiyoda.net/post-938

 

 

▲目次にもどる

 

 

あわせて読みたい:【味仙】手羽先煮のレシピを追求!たれ不使用で味を再現するには?

https://rickyiyoda.net/post-905

error: Content is protected !!