アクアイグニス多気の場所やオープン日は?|三重県大型リゾート施設

三重県の多気郡多気町で開発が進められている

アクアイグニス(AQUA×IGNIS)多気

三重故郷創生プロジェクトとして多気町とアクアイグニス、イオンタウン、ファーストブラザーズ、ロート製薬、三重大学などがタッグを組む大型複合リゾート地です!

敷地面積は・・・

なんと!ナゴヤドーム24個分!

いったいどんな施設になるの?

場所やオープン日・テナント情報をチェック!

▼目次

  1. アクアイグニス(AQUA×IGNIS)多気の場所は?
  2. アクアイグニス多気(AQUA×IGNIS)のオープン日は?
  3. アクアイグニス多気(AQUA×IGNIS)のテナントは?

アクアイグニス(AQUA×IGNIS)多気の場所は?

敷地面積はは広く

約119ヘクタール

そのうち開発面積が71ヘクタール

さらに、そのうち41ヘクタールを造成し

いろいろな施設がつくられます。

総事業費は約180億円。

これだけの大きさになると

規模が大きすぎてよくわかりませんね。

ざっくり

ナゴヤドーム24個分の敷地。

とでも覚えておきましょう。

アクアイグニス多気ができる場所は?

アクアイグニス多気ができる場所は

三重県多気郡多気町前村670

のあたりになります。

アクアイグニスの公式サイトによるものですが、これだけだとよくわかりませんので航空写真とあわせてみました!

アクアイグニス多気航空写真

これを上の図とあわせると・・・

アクアイグニス多気建設予定地

だいたいこの辺りが建設・開発予定地となります!

アクアイグニス多気までのアクセスは?

車を利用する場合

なんとアクアイグニス多気では『全国初』のこころみが・・・

それは、高速道路に直結している!

というもの。

民間施設直結

スマートインターチェンジは

全国初のことなんだそうです!

もしろ、そんなこと可能だったんですね!

驚き。

ほぼ、車利用になるのではないかと思いますが、

でのアクセスはかなり良さそうですね!

なにせ、スマートインターから料金所を通るだけなのですから。

(※ただし、スマートインターなのでETC限定となると思います)

電車を利用する場合

最寄駅はJR東海 紀勢本線

『栃原駅(とちはらえき)』

ここから、約2km

徒歩で行くと25分程度の場所です。

▲目次にもどる

アクアイグニス多気(AQUA×IGNIS)のオープン日は?

アクアイグニス多気のオープン日は?

今のところ、オープン日は

2020年2月

(※2018/1/29現在)

となっています!

ただし、以前2019年11月オープン予定だったのがずれ込んでいるため、再度オープン日の見直しが行われる可能性はあります。

2019年末頃には

詳細なオープン日もわかってくるでしょう!

また詳細がわかり次第追記していきたいと思います。

▲目次にもどる

アクアイグニス多気(AQUA×IGNIS)のテナントは?

アクアイグニス多気開発予定地_2

アクアイグニス多気の

コンセプトは『医食同源

宿泊、温浴(薬草の温浴施設)、体験、産直市場などの施設や薬草園・果樹園などが整備される予定となっていてます。

アクアイグニス多気のテナントは?

宿泊施設

温浴施設

大型産直市場

(三重県産の農産物、海産物、工芸品などを販売)

アウトドア施設

農機具の体験ゾーン

果樹園

薬草園

レストラン

予防診療所

などなど。

レストランでは薬膳(やくぜん)料理が提供されたり、

三重大学とコラボした

予防診療所も作られる予定です!

まさに大型観光リゾート施設

といった感じですね!

敷地規模から考えても、1日だけで楽しむのは難しいかもしれません。

さらに、すでに三重県菰野町で『複合温泉リゾート』を運営している株式会社アクアイグニスを筆頭に、事業者の中にはイオンタウン株式会社も入っていますので、イオン関連の施設もつくられると予測できます。

いろいろと明らかになっていますが、

詳細はまだ未発表となるので

また、新たに情報が入り次第更新したいと思います!

▲目次にもどる

あわせて読みたい:イオンモール津みなみが2018年秋オープン!場所やテナントは?

三重県津市のサンバレー跡地に2018年秋にオープンするイオンモール津みなみ!三重県の中勢・南勢エリアNO.1の施設規模となる予定です。気になるオープン日やテナントは?どれくらい大きいの?完成予想図(イメージ図)はある?など気になる情報をチェック!
スポンサーリンク