【名豊ビル本館】の取り壊し|豊橋駅前大通二丁目の再開発

豊橋駅前大通二丁目の再開発で【旧名豊ビル】の取り壊しが行われています。

現地の状況と開発ビルの現在をチェックしてきました。

▼目次

  1. 【名豊ビル本館】の取り壊し工事
  2. 西棟建設予定の【開発ビル】の現在
  3. 【名豊ビル本館】の取り壊し|まとめ

【名豊ビル本館】の取り壊し工事

足場がかけられて、取り壊し工事がはじまった【名豊ビル】

裏から見るとこんな感じ。

現在は狭間児童広場も一体に囲まれていて、使用できないようになっています。

大きなセメントタンクが見えますが、どんな工事が行われているのでしょうか。

中の様子をみることはできません。

そして、こちらの駐輪場も平成30年4月1日より使用できなくなるようです。

閉鎖後は駅前地下駐輪場(有料)などの利用を推奨しているようです。

▲目次にもどる

西棟建設予定の【開発ビル】の現在

開発ビルは、名豊ビルの跡地に新たな再開発ビル【東棟】が建設されたのちに取り壊しの予定となっています。

2021年に東棟が完成するまでは、継続利用していく予定となっていますが、地下や1階は空きテナントが目立っているようです。

新しく再開発ビル【西棟】として、完成するのが待ち遠しいです。

【西棟】は今のところの予定では、

2024年の完成予定

となっています。

▲目次にもどる

【名豊ビル本館】の取り壊し|まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、豊橋駅前通二丁目再開発が行われる予定となっている【名豊ビル】の取り壊し状況をお伝えしました。

【東棟】が完成した後に、開発ビルを取り壊して【西棟】を建設する予定となっていますが・・・

別々でやる意味ある?

素人考えでは思ってしまいます。

また、情報が入り次第更新します。

▲目次にもどる

あわせて読みたい:

豊橋駅前【名豊ビル跡地】再開発はいつ完成(オープン)?テナントも

豊橋駅前の【名豊ビル】跡地での再開発事業がスタートしました。豊橋駅前大通二丁目の再開発事業ですが、気になる完成時期は?どんな施設になるのか、テナントや施設概要をチェックしていきます。

【クロスモール豊川】オープンしたので見てきた!全10テナント一覧

クロスモール豊川がオープンしたので見てきました!ジョーシンを中心とした各テナントの混雑状況をチェック。改めてテナント一覧と営業時間をまとめてみました。

イオンモール豊川【スズキ跡地】はいつオープン?出店計画とは

愛知県豊川市にあるスズキ豊川工場。2018年7月に生産が終了し閉鎖となるスズキ豊川工場跡地にイオンモールがオープン予定!売り場面積でみれば、岡崎や常滑のイオンモールを凌ぐ規模の出店計画となっています。延床面積約19万㎡地上5階建の巨大イオンモール豊川はいつオープン?場所や出店計画をチェック!
スポンサーリンク