岡崎花火大会の打ち上げ場所は?アクセス・駐車場・混雑状況も

東海地方有数の花火大会【岡崎花火大会】の打ち上げ場所は?

毎年50万人近く尾とづれる人気の花火大会。

気になる上がる場所を地図を踏まえてご紹介します。

他にも花火大会会場へのアクセスや駐車場情報もあわせてご紹介。


▼目次

  1. 【岡崎花火大会】打ち上げ場所は?
  2. 【岡崎花火大会】アクセス・駐車場は?
  3. 【岡崎花火大会】打ち上げ場所・アクセス・駐車場|まとめ

【岡崎花火大会】打ち上げ場所は?

岡崎花火大会の打ち上げ場所をチェックしていきます。

打ち上げ場所を知っておくことで、どこで見たらいいのかなど参考になります。

【岡崎花火大会】の打ち上げ場所

乙川河畔
矢作川河畔

と2箇所で打ち上げが行われます。

メインとなるのは乙川会場のほうで、沢山の人と100店以上の屋台が立ち並びます。

矢作川のほうはサブですが、矢作川沿いで花火を見れば矢作川河畔と乙川河畔、両方の打ち上げられる花火が見れるので、矢作川堤防沿いには見物する人も沢山いて、人気のスポットとなっています。

メインは乙川河畔の方なので、屋台目当てやお祭り気分を味わいたいならメイン会場がおすすめです。

矢作河畔のほうも人は多いですが、間近で大きな花火が見られます。

▲目次にもどる


【岡崎花火大会】アクセス・駐車場は?

岡崎花火大会の会場へのアクセスと駐車場情報をチェックしていきます。

毎年必ずといっていいほど渋滞や電車の混雑がおきますので、事前に情報を知っておくというのは重要ですね。

【岡崎花火大会】電車でのアクセス

【乙川河畔(メイン会場)】

名鉄名古屋本線『東岡崎駅』または『岡崎公園前駅』で下車。

愛知県環状線鉄道『中岡崎駅』で下車。

 

徒歩約10分で乙川会場

【矢作川河畔東側】

名鉄名古屋本線『岡崎公園前駅』で下車。

愛知環状線鉄道『中岡崎駅』で下車。

徒歩約10分で矢作川堤防東側

【矢作川河畔西側】

名鉄名古屋本線『矢作橋駅』で下車。

徒歩約15分で矢作川堤防西側

【岡崎花火大会】車でのアクセス・駐車場情報

東名高速道路『岡崎IC』より車で約10分

通常であれば岡崎ICから10分程度で会場周辺まで到達します。

しかし、花火大会当日はかなり混雑が予測されますし、交通規制などもありますので、時間は多めにみておいた方がいいでしょう。

  駐車場名 住所 形態 料金 駐車台数
明神橋公園 岡崎市上六名1丁目 臨時無料駐車場 無料 350台
市役所西 岡崎市十王町1丁目26 臨時無料駐車場 無料 250台
市役所東 岡崎市両町1丁目43 臨時無料駐車場 無料 270台
竜美丘会館 岡崎市東明大寺町5−1 臨時無料駐車場 無料 50台
康生パーク 岡崎市材木町1丁目20 有料公共駐車場

7:00-22:00 100円/30分

22:00-7:00 50円/30分

163台
シビコ地下 岡崎市康生通西2丁目20−2 有料公共駐車場

9:00-24:00 200円/30分

00:00-9:00 100円/60分

【24時間最大料金700円】

110台
籠田公園地下 岡崎市康生通南 3丁目 有料公共駐車場

7:00-22:00 100円/30分

22:00-7:00 50円/30分

【24時間最大料金1,500円】

210台
名鉄協商パーキング 岡崎市明大寺町寺東 愛知県岡崎市明大寺町字寺東2−4 有料公共駐車場

00:00-24:00 100円/30分

【24時間最大料金1,300円】

402台
東岡崎駅南 岡崎市明大寺町字耳取15 有料公共駐車場

00:00-24:00 100円/30分

【24時間最大料金1,100円】

 

岡崎の花火大会では臨時の無料駐車場が用意されています。

❶~❹が臨時の無料駐車場です。

ただ、周辺には公共有料駐車場もあり、有料のほうが花火大会会場は近くなっています。

上に記載以外のコインパーキングなどもありますが、花火大会当日は既に満車状態と思っておいたほうがいいでしょう。

また、こちらでも確認できる通り、臨時駐車場・公共有料駐車場ともに花火大会当日14:00~15:00頃には満車となっています。

渋滞もありますので、なるべく公共交通機関を利用するほうが賢そうです。

岡崎花火大会の混雑状況は?交通規制と渋滞

岡崎市が発表している渋滞予測と交通規制の図がありますのでここに乗せておきます。

是非参考にしてみてください。

▲目次にもどる


【岡崎花火大会】打ち上げ場所・アクセス・駐車場|まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は【岡崎花火大会】の打ち上げ場所やアクセス・駐車場をご紹介しました。

花火大会を見る側とすれば上がる場所を知っておくのは必須ですよね。

また、岡崎の花火大会は東海地方でも人気の花火大会で、電車や車でのアクセスは共に混雑しがちです。

早めにお出かけしてゆっくりするのがオススメです。

▲目次にもどる

あわせて読みたい:

岡崎花火大会の打ち上げ数は何発?いつ開催・何時までやってる?

東海地方有数の岡崎の花火大会。毎年多くの人が訪れ、その数は50万人近くに上ります。気になるは近年非公開とされていますが、岡崎花火大会の打ち上げ数は何発?『開催日』や『何時から何時まで花火大会は開催されているか』など基本的な日程情報などをチェックしていきます。

内海花火大会の駐車場は?知っておきたい事前情報と持ち物

毎年夏に開催される内海中日花火大会。毎年5万人ほどが訪れ、混雑が予想されます。知っておきたい駐車場情報とあると便利な持ち物などをご紹介します。『いつ開催?』ということであわせて開催日もチェックしていきます。

スポンサーリンク